いずみ通信16 H15・12・18 トップへ(HOMEへ)




<発表会が終わって1週間 園の様子>
 大銀杏の木もすっかり葉を落とし、寒々と枝だけの姿になりました。
いよいよ冬本番。皆様、体調に気をつけてお過ごしください。
 発表会後の一週間の様子をお知らせします。
詳しくは、クラスだよりにも書かれると思いますので、大まかにお伝えします。
 月曜日

 どのクラスも発表会ごっこを楽しみました。
自分の役以外のものになったり、友達の衣装を着て踊ったりと、とても盛り上がりました。
 火曜日

焼いも大会。バスのビィーファイターI.Rくんのお父さんが火の番をして下さり、 石焼き芋ができました。
お芋を洗い水でぬらした新聞紙とホイルで包みました。
火の周りでは、しゅろの葉を「そんごくう」の芭蕉扇にし、「もえろよ、もえろ〜」と歌いながら 扇いで盛り上げていました。
もも組さんが一番たくさん食べたかな?
 木曜日

おもちつき。きねとうすでたくさんおもちをつきました。
今年はI.Rくん、S.Kくん、O.Yくんのお父さんがお手伝いして下さいました。
ぺったんぺったん、いい音ですね。
子どもの仕事は、木を拾ってかまどにくべることでしたが、あいにくの雨でベランダから様子を 見守りました。
もちつきの道具など初めて見るものが一杯あったようです。
できたてのおもちを丸め、顔は白いお化粧で真っ白。
きなこもちもたくさんいただきました。おいしかったですね。
 金曜日

玉ねぎの苗を400本植えました。みんなの力で上手に植えることができました。
小ねぎを1本ずつ大切に持ってやさしく土をかけました。
玉ねぎの苗をご存知ですか?ねぎの白いところがプクッとふくらんで可愛いいんですよ。
収穫が楽しみです。
 今週は、何かと食べ物に関わる日が多く、発表会のごほうびにもなったようです。
「食」とは、良いと書きますね。
このつづきは、また。

挨拶について
 私が最近思ったことをお伝えします。
 先日、山の広場で火遊びをしている中学生10人くらいに声をかけました。
以前、夜中にたむろして大声で騒いでいる中学生に注意をした時に失敗したことがあったので 今度は気をつけました。
それは、挨拶です。

 近所迷惑で何日も同じ事が続いたので頭にきていて「チョット!!いい加減にしなさいよ。 何時だと思っているの!!」と怒ってしまいました。
「ゴミはきちんと片付けて帰りなさい」とだけ言いたかったのに。
向こうは集団なので、いきがって何か言っていましたが、イヤな思いだけが残りました。
地域の夜のパトロールに行っても、直接注意をしたらいけない、何をされるのか分からないから・・・ と指導がありました。
何の為のパトロールだろう・・・と思いながら。

 私なりの反省でまず声をかけるときは、相手をきちんと見て挨拶から・・・と思っていたので、 先日は、勇気を出してバケツに水を入れていきました。
煙がもうもうと上がり、風向きでは山火事になりかねません。

私が彼らに近づくと案の定、すごい目つきでにらんでいます。
思い切って「こんにちは」すると「こんにちは」と挨拶が返ってきました。
よかった、話ができる・・・と思い、火遊びについての注意と、 夜はいのししが出るので危険だということを伝えました。
木の葉を拾ってせっせと燃やしていました。
冗談で「焼いもしてるの?」と聞くと、ホイルをまいた芋を見せてくれました。
この子達は、どこにいてもうとましがられるんだろうなぁと思い、すぐには追い返さず 「終わったら火の始末をとして帰るように。」と伝えました。
その後、私は買い物に出ましたがバケツも玄関に返して、火もきちんと始末できていました。

簡単なことですが、挨拶をするということは、とても大切で大事なことです。
人と人とが関わる第一歩ですね。
冬休みは、多くの人と関わる機会が多いと思います。
お子さんにも挨拶の大切さを伝えてあげてください。まず、挨拶は家庭からです。
お母さんはお父さんに朝「おはようございます。」と顔を見て言ってますか?
子どものお手本になってくださいね。

 北九大の依頼で子どもたちの絵を頼まれました。
新北九州空港開港で飛行機に乗っている絵です。
12月19日〜21日まで小倉のJAM広場に展示されます。