いずみ通信22 H18・1・31 トップへ(HOMEへ)




1月もおわりです
  早いもので、もう二月を迎えます。
暦の上では立春ですが寒さはまだまだ続きます。
寒さの中で凛と咲く一椿や水仙を見ると、気持ちがシャンとなり、励まされるような気がします。
この時期は、冬の自然(氷や雪)に興味を持たせると同時に、春をじっと待つ草や木、生物にも目を向け自然の力強さを、感じてもらいたいと思います。

一月は、おもちつき、どんど焼きなど日本の習わしを体験しました。
おもちつきでは、木をくべたり、おもちをついたり丸めたりして、昼食はきなこ餅をいただきました。
どんど焼きでは、竹で組んだやぐらの中にお正月の飾りを投げ入れ、年神様に今年一年の願い事をし、その煙を身体につけて健康を祈りました。
そして、昨日のお餅のぜんざいを頂きました。

<手を合わせて、礼をする>
  今、想っている事があります。
それは、手を合わせて、礼をする という所作の事です。
お正月には、神社やお寺に行って手を合わせる機会があった事と思います。
私は、とても美しい姿だと思います。
そこに何かしら大いなるものに見守られている心地よさ、安心感を感じる時、自然に手を合わせ、頭を下げるのではないでしょうか。
幼稚園でも、職員や保護者の方でも毎朝、山門に向かって手を合わせて一礼したり、お地蔵様におまいりして下さったりと、美しい姿を見かけます。
是非、お子さんたちに伝えて欲しい事だとおもいます。
神様や仏様に感謝をし、頭を下げるのは、人に対して、きちんと頭を下げる練習をさせてもらってるんだなぁとも感じます。
神社やお寺,仏だんやお墓の前では、自然に、頭を下げ、礼をする子供たちであってほしいと思います。
一緒に心を育てていきましょう。

※ 食事の時も手を合わせ、礼をして、いただきましょう。
  2月1日と2日は、南小倉中学校の2年生4人が職場体験にやって来ます。
職場体験を通じ、自分の興味のある仕事の内容を学び、職業に対する意識を高めたり、今後の進路に目標を持ち、社会の一員として自覚できるように中学校は取り組んでいます。
二日間ですが、よろしくお願い致します。

<福は内 鬼は外 節分豆まき会>
2月3日は、節分です。
幼稚園では豆まきをする予定です。
心の中に住んでいる悪い鬼を追いはらい、よい心が育つように願い豆まきをします。
園長の心の鬼の話や大豆についてのお話やクイズをします。
小さな小さな大豆から、たくさんの食品が出来る事、小さい豆の中には、すごいパワーがある事を学びます。
ご家庭でも是非豆まきをなさって下さい。