いずみ通信2 H18・4・11 トップへ(HOMEへ)
     (新入園児さん用)




<新入園児さんの様子>
  先日の入園式では、桜吹雪の中、素敵なお子様方を迎えることができました。
いよいよ始まるのかと思うと期待で胸がふくらみ、ワクワクしています。
今週二日間の新入園児さんだけの登園日は、あいにくの雨天で外では遊べませんでしたが、ゆっくりと室内で過ごせたのは思いがけずよかったようです。
子ども達と先生方の会話も弾み、一人ひとりを知るいいチャンスでした。

  一日目は、5〜6人のお子さんが、バスの中で泣きましたが、ほとんどは幼稚園に着くまでには泣きやみ、不安ながらも保育室に入り、おもちゃで遊んだり絵本をみたりシール帳に自分でシールを貼ったりして過ごしました。
二日目は、昨日とは違うメンバーのお子さんが泣きだします。
一日すごして、幼稚園にはお母さんがいない事を思い出し、泣いてしまうのです。
バス通園のお子さんは、バスに乗ってしまえばあきらめもつくのですが、朝、おうちの人と園まで来るお子さんは、なかなか切り替えが難しいようです。
お母さんも後ろ髪をひかれる思いで、帰られているようです。
皆さん、つらいでしょうが、自立の第一歩です。
お母さんもお子さんもスタートしたばかりです。
お子さんと一緒に幼稚園に入園したという気持ちになって、焦らず、気長に、のんびりと、楽しんで過ごして下さい。
お母さんが、いつまでも心配していると、お子さんに、気持ちが移り、楽しめませんよ。
ゆったりとお子さんに接し笑顔ですごして下さい。

  それから、職員が気をつけているのは、泣かずに頑張っているお子さんの事です。
泣いているお子さんは、しっかり自己表現ができています。
我慢しているお子さんは、こちらから積極的に関わり、緊張をほぐしていきます。
子ども達の心に気づきご家庭と幼稚園で、心を一つにして、大切に関っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。