いずみ通信23 H18・12・8 トップへ(HOMEへ)




<いのち(2)>
【年中】
・命はどこから→ ・お母さんから、おとうさんも、おじいちゃん、おばあちゃん、
  そしてたくさんのご先祖様から
・命は心の中にある
・命はどうやって大切にするの→ ・交通事故に気をつける
・高い所から飛び降りない(飛び降り自殺のこと)
・病気にならないようにする
・(食事の話に発展)何でも食べる
・死んだらどうなる→ ・生き返る(生まれ変わる)
・骨になる、会えない
・さみしい、悲しい
・自殺とかいやだ、絶対しない
※生き物は死んだら生き返らないと話をしても5〜6人は生き返ると思っているようで、繰り返し話していくと納得し 2〜3人は理解できたようです。
細かな言葉のやりとりは、又、クラスだよりで伝えてもらいたいと思います。
  今回の報告を受けて感じた事は、年齢が上がるほど、いろいろな経験や体験が増え、影響を受けやすく、吸収も早いと思いました。
やはり、ゲームで死んでもすぐ生き返ったり、テレビの影響が大きく、死ぬという事を軽く考えている所も見受けられました。
しかし真剣に考えるお子さんもたくさんいます。
伝える時に難しかったのは、命は一つしかない という事と ご先祖様から命はつながっていることが混乱して伝わっていないかということでした。
(死んでも生き返ると かん違いしていないか)

  それから、自殺をする事が悪いという事だけでなく、いじめなど、そこまで追い込む状況が悪いことを今後しっかり伝えなくてはいけないと強く思います。