いずみ通信19 H19・11・29 トップへ(HOMEへ)




<わしみね登山>
  28日は登山日和で、年少は年長と手をつなぎ、 頂上まで登りました。ほほえましい光景がいくつもありました。
  年中は、すみれ組とゆり組が手をつなぎ、いつもと違うお相手さんで、少し気恥ずかしそうでした。
  いつも山の上から見守って下さっている観音様に挨拶をしてきました。ご家族でも是非 登ってみてください。年少さんでも40分程で登れますよ。   頂上からの眺めは、右手は北九州空港の海が見え、左手は若松、遠くの島は本州下関までが見え 絶景なのです。観音様も地上17mで、下から見ると圧倒されます。   出発前は鷲峰忍者から巻き物が届き、力を合わせて山登りをすることなど、修行の内容を教えて もらい、途中、敵の忍者がカラスに姿を変えて邪魔をしにくるので、いずみ忍者が山のいたる所に現れて見張って いました。
山中の道なき道を行き、高い木の上に登り、8ヶ所程で突然現れ、子ども達を驚かしました。 「いずみ忍者が8人もいたね!!」と子ども達から言われ、満足しています。
  いのししも山のどんぐりを食べに来ているようで、山道はボコボコでしたが、きれいな葉っぱやどんぐり 拾いを楽しみ、秋を満喫した一日でした。

  山中のおもしろい形の木に出会いました。 どうしてあんな形になったのだろうか?と考えながら歩くのも素敵でした。木に関するおすすめの本です。
  ・葉っぱのフレディ(いのちの旅)  レオ・バスカーリア作/童話屋
  ・大きな木  シェル・シルヴァスタイン作/篠崎書林
  ・大きなたぶの木  木暮正夫作/わくわくbooks 教育画劇(年長・小学1、2年)
  ・ざぼんじいさんのかきの木  すとうあさえ文/岩崎書店

<保育参観について>
  山のふもとにいると、紅葉に気づきにくいのですが、少し離れて みると、色とりどりに紅葉している美しい山に感動します。子育ても少し離れてみると、いつもと違うお子さんの姿を 見つけられます。一学期は保育参加という形をとりましたが、今回は保育参観をして頂き、 客観的にお子さんの成長を見ていただきたいと思いますので、どうぞお越しください。
  ・12月4日(火):さくら、すみれ、もも
  ・12月5日(水):うめ、ゆり、たんぽぽ
  共に10時30分〜11時30分
  ※年長組は参観終了後、クラス懇談会を30分程したいと思いますので、是非ご参加下さい。 小学校入学を前に担任からお話をさせて頂きます。

  見方
    ・他のお子さんと比べて見るのではなく、教師の指示を理解し、行動できているのか。
    ・教師の話を集中して聞くことができる。話を最後まで聞くことができる。
    ・活動に積極的に参加できているか・・・などです。

  お母様へ
    ・教室や廊下での私語は控えて下さい。
    ・保育中は子どもに話しかけないで下さい。
    ・教室内では座って参観して下さい。
  ※通常の保育を見ていただきたいので、ご協力お願いします。

  (お願い)
  小学校入学を前に参考にさせて頂きたいので、アンケートにご協力頂きたいと思います。
  ・小学校以上のお子さんがいらっしゃる方、入学時に困ったこと、入学準備についてなどエピソード を教えて下さい。
  (12月3日(月)〆切です)