いずみ通信21 H19・12・21 トップへ(HOMEへ)




<12月のごあいさつ>
  この12月も慌しくすぎようとしています。
  第一週は保育参観やきいもパーティー、 第二週は年長組さん手作りのおたのしみ会に招待された年中、年少組、 おもちつき大会避難訓練、 第三週はクリスマス会終業式、あっという間に年末を迎えます。
  二学期も保護者の皆様のご理解と、ご協力のおかげで素敵な時を子ども達にプレゼントすることができました。 誠にありがとうございました。
  先週より、水痘6人、溶蓮菌5人、あと風邪ぎみのお子さん達で25人欠席がありました。体調のすぐれない お子さんが多く心配しておりますが、冬休み中に体調を整えて、人混みをさけてゆっくりとおすごしください。

<命>
  いづみ通信bP7で、お子さんは危険を感じることができますか? の問で、
  散歩中の大きな犬が前から来たらお子さんはどんな行動を取ると思いますか?
    @犬好きなので、自分から寄っていく
    A散歩中で手綱をひいているので安心して横を通る
    B近づかないように避けながら通る。
大人も散歩中なので安心しがちですが、いつ飛びかかってくるかもしれないと想定して、もちろんBの行動を取るべきですね。
  これはささいな事ですが、家の前が道路の場合や、幼稚園の門を親より先に飛び出す子など、親がしっかり危険を教えることが大切です。 「危ないよ」口だけでなく、しっかり手をつなぐなどして、危険を感じるよう教えて下さい。
その他駐車場で車の乗り降り、ドアの開閉も幼児だけにさせているのは、親の危険に対する認識が甘いと思います。
  命はひとつしかありませんよ。

<冬休みのすごし方>
  年末の大掃除はしっかり手伝わせて下さい。
  一年間ありがとう〜の気持ちを持たせて、自分の物をきれいにし、感謝の気持ちを持たせましょう。冬休みはいいチャンスです。 お子さんに生きる力をつけてあげて下さい。
  ぞうきんのしぼり方、上ぐつの洗い方、洗たく物のたたみ方、 教える事はたくさんあります。自分も家族の一員なんだ、頼られているんだという自覚は、自分の 自信にもつながり、思春期に深く影響してくると思います。
  生きていく方法を教えてあげましょう。
  ※我が家は新学期に持っていく雑巾は自分で縫うようにしています。一緒に縫いながら、こつを教えます。(ぞうきんはきつく 縫うと、しぼった時に糸が切れやすいので、ゆるめに縫うなどetc..)作業を一緒にするのは大切な事ですね。

  挨拶をさせましょう。
  年末、年始はたくさんの人と会う機会があります。是非、自分から先に挨拶する事を身につけさせましょう。 人として挨拶はとても大切ですね。日頃から大人がお手本になり、まず家庭の中から、家族に心を込めて「おはようございます。ありがとう」 などしっかり口に出して伝えていきましょう。

  お年玉やX'マスプレゼントはよく考えて
  おもちゃがたくさんあっても心は育ちません。お年玉には、カルタやたこなど、X'マスプレゼントは絵本なんか、 親子で一緒に楽しめるものがおすすめです。 欲しがるからと、ゲームなど与えるのはどうでしょうか? 脳に与える影響、視力の低下etc..よく考えて見て下さい。ゲーム脳についても勉強して下さい。

  以前配布した「おはなしの会」に行かれてみませんか?
読み聞かせのグループは、わしみね幼稚園の卒園児のお母様方です。小学校、中学校、図書館などで活躍されています。
  ※12月22日(土)ひる1:00〜2:00 幼児〜小2くらい
  山田緑地・森の家(小会議場)