いずみ通信8 H20・6・4 トップへ(HOMEへ)




<PTA活動について>
  先週の5月29日(木)に、合同委員会が本堂で行われました。
各クラスの委員さん3名×6クラス  18名と、なつまつり、運動会、秋のバザー委員会の代表3名ずつ 9名と、執行部の 6名と、 去年度執行部の相談委員さんで、今年度の大まかな内容を検討しましたのでご報告いたします。
  詳しい内容は後日PTAよりお知らせがあると思いますので、私からは少しだけ思いをお伝えします。

  この2〜3年で少しずつPTAの活動内容が変わってきています。去年も書きましたが、少しずつ園児さんが増えて、変えていかないといけない事や、 すべての行事をこの約120人のご家族が楽しめるには・・・と毎年、試行錯誤しながら母の会と職員とで考えています。
そして昨年は新しい組織図を作り、一応全員参加ということで、何かしら少しでもPTAの活動に関わっていただいて、幼稚園生活を身近に楽しんでもらえたら・・・ という思いで1年をすごしました。
  去年度のアンケートや保護者の皆さまの声を生かして、去年度の反省も踏まえながら、今年度はいろいろと行事のあり方を変えていこうと思っています。
  幼稚園は、保護者の皆さまのご協力のおかげで支えられています。いつもご理解とご協力をいただきました、誠にありがとうございます。
今年もご家庭と幼稚園が手を取り合って、素敵な一年を子ども達にプレゼントしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

予防デ〜>
  5月に園医の相間そうま先生に歯科検診をしていただきました。
  ・年長 37名    ・年中 45名    計82人
  ・要治療  13名
  ・処置済   5名
  ・健 全   8名    
という結果でした。
(乳歯も大切ですね。小さい頃から歯磨きの習慣をきちんとつけるのは親の役目です。)

 先日の新聞に乳歯から大切に!!という記事が載っていました。
最近は、歯の健康に対する親の意識が向上しているようで、乳幼児の虫歯が減少傾向にあるそうです。 乳歯は虫歯になりやすいので、炭酸飲料を控えたり、だらだら食べさせずに、食後の歯磨きを習慣づける必要があります。 『乳歯が虫歯になって、歯根まで進行すれば、その下で生え替わりを待つ永久歯が虫歯になったり、歯の質が弱くなったりする。虫歯の影響で永久歯が傾いて生えたり、 生える順番が変わったりして、歯並びが悪くなることもある。』そうです。大変なことですね。

 幼稚園で気になっているのは、あまりかまずに、すぐに飲み込むお子さんが多い事です。
ご家庭でも意識して、かむことを実行していきましょう。



最近、かむ力咀嚼そしゃく力)が弱くなっているそうです。
よくかむということは、体にどんな影響を与えるのでしょうか?


  ・口の中がしぜんに清掃されます。
  ・あごがしぜんに疲れて、過食を防ぎます。
  ・胃の負担も軽くなり、よく消化されます。
    (おやつはプリンなど柔らかいものでなく、固いせんべいやするめ、小魚のバター焼きなど考えて与えましょう)
  ・少ない量で栄養素が十分体に吸収されます。
  ・唾液がよく出て、唾液の消化酵素の分泌がよくなります。
  ・かみしめる力は意志力、判断力、辛抱強さなど精神面にもかかわってきます。
  ・あごやその筋肉を発達させ、頭部、顔面、あごの骨などを成長させます。
  ・頭の働きをよくします。

 歯をじょうぶにする食品
  牛乳・小魚、干エビチーズ・ヨーグルト・ほうれんそう、小松菜などの青い葉の野菜まめ、豆腐などの大豆製品海藻類