いずみ通信13 H20・7・24 トップへ(HOMEへ)




<食べることは、生きること!>
幼稚園の食事のあいさつ  
    ・自然の恵みと、これを作られた方々に感謝します。いただきます。
    ・恵みの食事を終えて、命に新しい力をいただきました。ごちそうさまでした。

   ご家庭でお子さんが口ずさんだことはありませんか?難しいようですが、何となく感謝しておいしく頂く、 そして食事はとても大切なんだ・・・ということを子ども達にも感じてもらえたらと思っています。

  生きる力をつける   (命を大切に考えることの一つ)

  食育の柱

     感謝しておいしく頂く
     食事に向きあう
     食事を通し、元気な体を知る
     食べ物の育ちを知る(野菜作り、収穫など)
     味がわかり、料理を楽しむ。

  以上、5本の柱について少しずつ書いていきます。 

合い言葉
    ・早ね 早起き 朝ごはん
    ・早ね 早起き 朝うんち


<懇談会での話題について>
  6月のクラス懇談会で、「朝ごはんを食べない」「野菜がきらい」など話題にでていたので、 私なりに考えてみました。
  Q 朝ごはんは、なぜ大事?
    ●朝ごはんを食べて脳と体を目覚めさせる。
・朝起きると、ご飯の炊けるにおい、みそ汁の出汁の香り(鼻)
・食べ物を見て、色や形を見て、おいしそう・・・と感じる(目)
・食べ物をかむ音を聞く(耳)
・口を動かす、味を楽しむ等、いろいろな刺激がある。

    ●朝ごはんを食べると
・脳が刺激を受けて、体が活性化される。

  (脳のエネルギーはブドウ糖、朝ごはんでしっかり脳にエネルギーを)
・快便効果(腸が刺激されて排便しやすくなる)

    ●朝ごはんを食べない・・・と心配するより、生活の見直しをしてみては?。(生活リズム)
・朝なかなか起きられず、食欲がなくて食べられない。
・幼児は8時には寝かせましょう。

  (夜遅くまでおきているとお腹が空き、夜食を食べると胃がもたれて、朝は食べられない。)
・睡眠は足りていますか?


お父さん、お母さんも朝はしっかり食べて、一日を大切にすごして下さいね。朝はコーヒーだけなんていけませんよ。 ご自分の体を大切にしてくださいね。

※おまけに和食のすすめもしたいと思います。
朝はごはんにみそ汁、のり、卵焼き、納豆などがおすすめです。
 ◎そうめん流しのめんつゆは、園長が素材を吟味し、丁寧に手間暇かけて作りました。
 (だし4、しょうゆ1、みりん1の割合です)。
そうめん流しの準備ができるまで、だしあてクイズをし、しいたけ、こんぶ、かつお、いりこを味わい、香りをかいで、だしをしっかりあてましたよ。