いずみ通信15 H20・9・16 トップへ(HOMEへ)




<秋彼岸>
  お寺の境内には、毎年かならずこの時期に芽を出し、真っ赤な花を咲かせる曼珠沙華(彼岸花)が 秋分の頃はいっせいに咲きほこります。ほんとうに狂いもなく、感心するばかりです。お寺の会館の前の梅ノ木の下には、白い彼岸花がたくさん咲いていますので、 お迎えに来られた時などご覧下さい。
  先日、全園児さんの「わくわくカレンダー」を拝見させて頂き、ごほうびシールを貼りました。ご家族でいろいろと工夫し、素敵な夏休みになった様子がよくわかりました。 思い出の1つとして、ノートを大切に取っていて下さいね。その中で感じた事は、お盆の頃、親せきの方々とたくさん会う機会があり、「お墓参りに行った」という方が多く、 ほのぼのとした感じを受けました。たくさんの方々から見守られ、またご先祖様もいつも見ていてくださる安心感を子ども達も感じたのではないでしょうか?
  今週末からお彼岸の入りです。ご先祖様を思い出し、今を大切に生きましょう。



<「いのち」のつながり>
  
  「いのちのつながり」にちなんで、9月のお誕生会で先生方がペープサート劇をされています。 その様子については園長先生のスケッチブック   9月4日(木)をご覧下さい。


(おすすめ絵本)
    
●サンマーク出版
●作者:草場一寿
●絵:平安座 資尚