いずみ通信18 H21・12・22 トップへ(HOMEへ)




早いもので二学期が終了しました。行事の度に保護者の皆様には、多大なご協力を頂き、おかげ様でどの行事もお子さん達の心に残る素敵な時間になりました。
誠にありがとうございました。

12月も、おもちつきやX’マス会にサンタさんが来てくれたりと楽しい事がたくさんありました。 冬休みの間もX'マスやお正月などの特別な事が、たくさんありますが、皆様どうぞ体調に気をつけておすごし下さい。


冬休みのすごし方

・大掃除の手伝いをましょう。
小さくても家族の一員として、一年間の感謝の気持ちを込めて、窓ふきや片付けを一緒に手伝わせて下さい。 大掃除に参加し、新年を迎えることを意識させましょう

・挨拶をさせましょう。
年末年始は、親せきの方など、たくさんの方にお会いする機会があると思います。
相手より先に挨拶を心がけるよう教えましょう。
こんな機会、たくさんの方から見守られていることを感じてほしものです。

お正月を通して、日本のしきたりや行事などを教えましょう。
お正月の準備を一緒にし家族が一年元気ですごせるように、思いを込めてすごす事を教えて下さい。 稲刈りをした、わらを持ち帰りますので、しめ飾りをお子さんと一緒に作って、 是非玄関に飾って下さい。

お正月は実家に帰るから、準備はしないというご家庭もあると思います。
そんな方は今のうちに、しっかり伝授してもらいましょう。いずれご家庭でお正月を迎える事もあります。   
お子さんに伝えていけるように、おせち料理やお正月お迎え方は、その家の大切な行事です。
日本の文化として大切に考えていきたいものです。
各ご家庭のお雑煮はちがうと思います。お父様の実家、お母様の実家のお雑煮を作れますか?


つれづれに

最近思っていることがいくつかあるのでお伝えします。

・友達の家に行って遊ばせてもらう時、お子さんにどんな注意や約束をしていますか? 挨拶はあたり前なのですが、よそのお子さんが来て、気がつく事がいろいろあるかと思います。

例えば、勝手に冷蔵庫や引き出しを開けない。子どものおもちゃを欲しがらないなど。
私も挨拶や帰る時間くらいしか思いつかなかったのですが、娘の友達が来た時に、上記の行動をしたので    「あっこんな事も言っておかないと。」と気づきました。

小学生一年の頃です。おもちゃを欲しがり、娘が困って「あげてもいい?」と言ってきたので「ダメよ。それは、おばあちゃんからもらった物でしょ。」 と言っても、強く押し切られたようで、こっそり持って帰りました。
ささいな事かもしれませんが、人の物を欲しがる事が将来、万引きなどにつながらなければ・・・いいと思いました。

幼稚園の間は、親の見守れる範囲で遊ばせ、してもいい事と悪い事を、我が子はもちろん、よそのお子さんに遠慮なく指導できるようにしたいものです。 (年長のクラス懇談会で伝え忘れたので書きました)

・我慢させていますか?子どもの言いなりになっていませんか?
我慢は、人間形成にとても必要だと思います。何でもすぐ手に入るこの時代、コンビにという便利な物があるので、大人も我慢せずに夜中でも買いに行くことがあると思います。
大人もあきらめる事が大切です。お子さんのお手本になるような生活をしましょう。

ここまでは許すけれど、これ以上は、我慢させるという1本筋の通った我家のきまりを教えて下さい。

・プレゼントについて誕生日はみんなからプレゼントをもらう日・・・と、子ども達は思っているでしょうが生まれて来たことに感謝する日と意識して、 お祝いをしてもらいたいと思います。

元気にすごせる事、たくさんの方に見守られている事を子どもなりに気づいてくれるように、命についてなど、誕生日を通して教えてあげたいものです。
心に残るプレゼントを用意してあげて下さい。