いずみ通信13 H22・10・7 トップへ(HOMEへ)




ごあいさつ

秋桜が咲いたり、すすきが穂を出しはじめたりと、すっかり秋らしくなってきました。 朝夕の気温もぐっと下がり、体調を崩しやすくなっています。 ご家族の皆様の健康管理も大変かと思いますが、保護者の方も身体が資本なので、 手洗い、うがい、栄養、睡眠に気をつけておすごし下さいませ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

今週の火曜日に運動会のリハーサルをし、たくさんの方に見て頂きました。年少組さんも “運動会ってこんな感じ?”というのがなんとなく分かったようで、「またしたい、またしたい」と言っていました。 運動会を楽しみに迎えるためにも、怪我や風邪に気をつけて当日を迎えたいものです。


運動会にむけて

・日頃は元気に体操したり楽しそうに踊れるお子さんも、大勢の人の前ではいつもと違う様子に恥ずかしくて 何もできなくなる場合もありますが、お子さんの立場や気持ちになって、応援してあげましょう。
・かけっこや競技で1番になる事だけに力を入れずに、運動会を楽しめるようにプレッシャーを与えない言葉かけを 工夫しましょう。
「○○ちゃんのこと応援しているからね。」くらいでいいと思います。
・終わったらしっかり誉めてあげて下さい。運動会の行事を通して、子ども達は一まわりも二まわりも成長します。
友達と力を合わせて1つの事を成し遂げる喜びを知る年長組、少しずつ仲間意識が芽ばえて、みんなといるのが楽しい 年中組、自分の事だけでなく友達が気になりだした年少組。 周りの人から誉められて、認められる事により、ぐ〜んと成長します。この二学期は、とても大切な時です。 皆さんにも見てもらいたい!!という気持ちで、特に年長組は練習していました。温かい、たくさんの拍手が何よりの ごほおびです。子ども達の一瞬の輝きは、レンズを通してでなく、ご自分の目で見てもらいたいものです。
※運動会の日は、出場者全員の保険に入っていますが、怪我に気をつけて運動会を楽しんでいただけますように お願い致します。

・はやね、はやおき、あさごはん
 はやね、はやおき、あさうんち 朝、さわやかに登園しましょう。
・朝からささいな事は注意せずに、気持ちをゆったりと持たせて登園させましょう。
当日はよろしくお願いします。