いずみ通信04 H23・6.13 トップへ(HOMEへ)




ごあいさつ

先週末から、大雨が続き、九州南部は避難勧告が出る程激しい雨にみまわれました。
年長のお泊り保育も、あいにくの雨でしたが、二日目は雨が上がりハイキングにも出かけることができ、満喫してきました。
リュックには、お家の方からのメッセージつきお守りをつけて、 少し淋しくなったら応援のお守りを見に行く姿も見られ、ご家族の愛情をひしひしと感じました。
たったの一晩ですが、ご家庭でのお子さんの存在を改めて感じたのではないでしょうか。
寝顔も可愛く、私もしあわせな気持ちになりました。
年長の保護者の皆様、準備などご協力ありがとうございました。


東日本大震災

3月11日から早くも3ヶ月が経ちました。まだ行方不明の方が8069人、 避難生活8万8361人で、苛酷な環境で生活をされています。
3月の通信でもお願いした、私立幼稚園連盟の義援金は9万6千円も集まり送らせて頂き、 ありがとうございました。
支援は今からだと思います。
復興支援の為、玄関に箱を置いていますので末長くご協力下さい。
ボランティアに行きたい気持ちは山々ですが、今ここからできる事を子ども達と考えていこうと思います。
ご家庭で支援されている事があれば教えて下さい。

先週お寺の研修会で、長崎県・対島のお寺の奥さんが「脱原発」について訴えていました。
子ども達に安心できる未来を残すために、対島沖に世界各国の原発の廃液処理場を作る計画に 猛反対している事を報告されました。
チェルノブイリ原発事故を思い出し、まだまだ続いている現状や、 人体に与える影響など勉強しなくては…と強く思いました。


6月のおしらせ

ホタル館
星 ホタル館に、年中組と年長組が行きました。(小倉北区熊谷)
今年は春から桜の開花や梅雨入りも例年より一週間遅く、梅の収穫やホタルの成長にも長かった冬が影響しているようです。
ホタル館の側の小熊野川では毎年たくさんのホタルが見られます。
幼稚園の下の道路工事が始まる3年前までは、池や川があり身近にホタルが飛びかい、 夜8時頃になると、近所の方や園児さんが散歩に来られて、夏の入口の風情を楽しんでいました。
残念ながら表では見られなくなりましたが、去年は園舎裏の池で数匹見かけたので、今年も命がつながっていますようにと祈るばかりです。
ホタル館ではマイほたるの飼育もできるので興味のある方はどうぞ。

わしみねのうえん
花 子ども達と梅干しを漬けましたよぉ〜
梅ちぎりをして、少しずつ持ち帰りましたので梅ジュースや梅干しを作ってみて下さいね。
「梅酒がおいしかったです!!」と、去年の梅のことを2〜3人の方に報告を頂きました。
『梅酒にしてしまったのかぁ』と思いましたが、笑顔で「今年はお子さんの飲めるジュースにして下さいねえ。」とお伝えしました。(笑)
梅ジュースの後は、梅ジャムにどうぞ。

花線

じゃが芋の花を見たことがありますか?なすびやきゅうりなどの花もとっても可愛いのです。
各学年でプランターで観察を兼ねてミニトマト、人参、大豆他を育てています。
是非ご家庭でも育ててみて下さい。
食育につながりますよ。感性も育つし、心と身体の為にもプチ菜園をおすすめします。

野菜

子どもの頃から野菜や果物を見て不思議だなぁ、すごいなぁと思った事があります。
それは、五角形の物が多く、花の萼に関係している事の意味を知りたかったのと、 五角形って手で描いても難しいのに、野菜ってすごい!!と感心したことです。
すいかやきゅうりも輪切りにしたら種の並び方がアートなデザインで今でも毎日感激し、最近では野菜に宇宙の神秘を感じています。
台所で、果物や野菜の切り口を見てみて下さい。おもしろい発見がありますよ。

物事も一方から見るのではなく、四方から見ましょう。見えない心も見えてきます。