いずみ通信08 H24.6.14 トップへ(HOMEへ)

命を大切に考える子どもに育てよう!!

わしみね幼稚園の教育の柱です。
これに沿った保育を展開しています。
今回は、その中の安全教育食育についてお伝えします。

かえる

星五月の誕生会では交通安全教室をしました。
自分の命は自分で守ることができるように、交通ルールを守り、車や信号など意識してすごしましょう。
この春は、通学路に車が突っ込み何人もの尊い命が亡くなりました。
交通ルールを守っていても何が起こるのか…やりきれない思いです。

第1回目は、信号の見方、横断歩道の渡り方でした。
次回は標識の見方を勉強します。車社会の中で、歩道を歩いたり、横断歩道を渡る経験は少なくなっています。
大人がしっかりと恐ろしさを教えていかなくてはいけません。

◎こんな場面をどう思いますか?
・子どもに車のドアを開閉させている
・買い物中、子どもを車内に放置
・チャイルドシートをつけずに乗せる
・平気で車椅子専用の駐車場に停める
・黄色はススメ!
・車からゴミやタバコをポイ捨てする      etc.
    心当たりがないことを祈ります。
子1 子2

子どもは、宇宙(大自然)からの預りものです。
自分のではありません。大切に育てていきましょう!!


星六月の誕生会では、食育で、「元気ッズ」のお話です。
自分の食べている物を意識し、感謝して頂くことを勉強します。
食べることは  生きること!!

◎昨日は何を食べたのか、全部言えますか?大人も意識が必要です。
・PS 昨年漬けた梅干しと梅ジャムを園で食べます。
      気になる方はご連絡下さい。


おしらせとお願い

●キャップとプルトップについて
幼稚園では、キャップとプルトップを集めています。

プルトップは、車椅子を施設に寄贈する為に集めています。
  佐川急便さんの「リングプル再生ネットワーク」に加入し、去年までの9年間で約550kg分を集めて、北海道の倉庫に
  送っています。
  一番安い車椅子が600kgで買えるそうです。娘(次女)が小五の時に車椅子バスケットの試合を見に行き、自分にでき
  る事は…と始めたのがきっかけで、今年で10年になります。
  町内の電柱に自分で作ったポスターを貼り、近所の方に集めて頂き、幼稚園でも協力してもっらています。
  卒園児さんも、持って来てくれてありがたいです。

ペット

キャップは、徳力のイオン(サティ)に持って行き、アフリカの子ども達に、ワクチンを送る資金に変
  えてもらっています。
  キャップ2000ヶ1人分のワクチン代です。
  去年までの分は、238kgで59.5人分を送りました。
  ありがとうございました。

プルトップとキャップは収集先が別なので、必ず、袋を分けて下さい。
  持ってきて下さったらお礼の手紙を渡していますので、袋に必ず名前を書いて下さいませ。

◎昨年の12月に1年分を持って行きました。
  職場やご親せきの方にもご協力お願いします。

ライン

・二女は現在、発展途上国の支援を目的に、東南アジアやアフリカに行き、農大で、稲の研究をしています。
  現在はケニアの留学生とチームを組んで乾燥地帯でも育つ稲の勉強中です。
  アフリカでは、多くの子ども達が貧困、自然災害、戦争で苦しんでいます。
  目の当たりにし、自分にも少しでもできる事を考えているようです。

幼稚園では、キャップの回収を通して、世界の子ども達の事を考える機会になれば…と思っています。