いずみ通信19 H24.10.1 トップへ(HOMEへ)

ごあいさつ

昨日は、台風17号の影響で、小学校や幼稚園など運動会を予定していた所は何かと気をもまれた事と思います。
気温もぐっと下がり、風邪をひきやすくなっています。夏の疲れが出やすい頃ですね。
日中は空気が乾燥し、真夏のように肌を射す暑さなのでつい冷たいものを飲みがちで ずっと胃に負担がかかっていると思います。
これからは、自分の体を思いやり、温かい食事を摂るようにしましょう。

ライン

話は変わりますが、9月の誕生会のテーマは 命命 でしたね。
各学年で、その月のテーマを意識して様々な保育に取り入れている事は以前お伝えしましたが、最近の「いじめ」についての悲惨な問題をどう子ども達に伝え、考えていくべきかと、ずっと思案中です。

幼稚園の思いは、『自分に自信を持ち、自分の事や友だちの事を大切に考えることができる子どもに育てよう。 そして、思春期を迎えしっかりと考えて行動をし、社会へ飛び出していけるように、今、この大切な幼児期に 五感を刺激し、第六感を働かせて相手の思いのわかる人に育ってほしい。』と願って、日々を大切にすごしています。

10月に入り、運動会後に職員で話していきたいと思います。
丁度、10月に二日間ずつ、広徳中学校(6名)と企救中学校(4名)の生徒さん達が職場体験で実習に入ります。
思春期真っ直中の子供達と色んな話をして、心を育てるヒントを見つけたいと思います ヒント
楽しみですふたば

ライン


木

二枚目のプリントは、実は三年前のいずみ通信です。
についてもう一度読み返しました。
についての所のお腹の赤ちゃんは、現在、年少組さんになっています。
今一度、「生まれてきてくれて ありがとう」を思い出してくださいね 花


生と死について

生について

丁度、今日ひき出しの片付けをしていたら、以前一人の母様から頂いたお手紙が出てきて 読み返すと胸が熱くなり、原点に戻れたような、とても素敵な気持ちになりましたので、ご紹介させて頂きます。

ライン
いずみ先生へ
赤ちゃん
略〜出産まであと2ヶ月となりました。
家族はみんな本当に楽しみにしてくれています。

私自身胎動を通じて、お腹の中のもう1つの命を実感しています。
最近 お腹もかなり大きくなり周りの人達から助けてもらい、 ありがたい気持ちで一杯です。

先日息子から「何で、ぼくが生まれてきたでしょう?」と言われ
私は「神様が決めたから?」と答えたら
「ぼくがお母さんのこのお腹に決めて、生まれてきた」と言いました。

その答えを聞いて、私は涙が出る程、うれしくなりました。
出産まで不安も一杯ですが、前向きに1つ1つ乗り越えていこうと思います。 〜略
ライン

どのお母様も、毎日子育てを頑張ってらっしゃると思います。
そんな中疲れがたまって、自分の感情をうまくコントロールできない時もあると思いますが、 お子さんを授かった時の気持ちを思い出し、お子さんの成長に喜びを見つけてまた元気になって下さいね。
子どもを育てられることに感謝!!


ライン

死について

私ごとですが、今年6月に親友が亡くなりました。梅ちぎりの頃でした。
保育園、小学校、職場が同じで、社会人として苦楽を共にした同志で、毎日二人で遅くまで幼稚園に残って仕事をし、 旅行にもよく行き、姉妹のようにすごした大切な友達です。 わしみね幼稚園にも新学期のお手伝いに来てくれました。
その後6年間病気と闘ってきましたが、とうとう命の灯火が消えてしまいました。
きつい時はメールのやりとりも辛かったようですが、
「私ね、この病気でよかったかも、と一つだけ思うの。事故とかの突然のお別れより、家族ときちんとお別れができ、 たくさん話せてよかったかも…。」
と言った言葉が胸に残りました。 一日一日、一刻一刻を大切にすごしていた、友達の姿に、永遠に時間があるかのように思っていた私は、 いろんな事に気づかされました。

家には、友達からもらった手作りの物やプレゼントがたくさんあります。
毎日、思い出さない日はありません。お葬式の日より、日が経つにつれて悲しみは深くなります。
今、私に何ができるのか考えている所です。

ライン

三年前に、命命 についてアンケートをとらせて頂きました。
とても重たいテーマでしたが、保護者の皆様のについての思いを読ませて頂き、 とても感銘をうけました。
とてもよく考え、真剣にお子さんと向きあっていました。そしてほとんどの方が、 についてとについて教えることは 同じで、「自分を大切に思う心を育てていきたい」と書いて下さっていました。
ありがとうございました。

ライン