いずみ通信20 H24.10.4 トップへ(HOMEへ)

運動会の練習をしていると、砂場の裏からほのかに甘い金木犀の香りが漂ってきます。
子ども達も気づき「何かホッとするねぇ」…と大人らしい口調で言っていましたョ。
今週のリハーサルで見学の応援の方も多く、年少組さんは何となく“運動会ってこんな感じ?” というのがわかったようで、「運動会したい、またしたい!!」とプレッシャーを感じずに楽しめたようです。
体調に気をつけて当日を楽しみに迎えたいものです。


運動会

◆出番ですよ〜  参加お願いします

プログラム(各学年の競技内容は別紙でお知らせしています)

No.3  わしみねジャパン→おじい様、おばあ様、お母様(先着40名)

No.6  忍者修業って大変ねお父様、男性ならどなたでも(先着60名)

No.11 ここまでおいで→小さいお子さんどうぞ

No.17 つなひき→小学生、中学生、お待たせしました(先着100名)

運動会

No.8(年少)No.10(年長)No.16(年中)は親子競技です
 お父様出番です。ご都合がつかない方はどなたでも。

No.14 手のひらを太陽に→お母様出番です。親子踊りです。

No.18 紅白リレー→今年もたくさんの申し込みありがとうございます。

     園児32名、職員10名、保護者46名の総勢88名
(運動会の日は、全員保険に入っていますが、怪我に気をつけて楽しんでください)
ライン

運動会に向けて テーマ「オリンピック」 世界に目を向けよう!!
4年に1度のスポーツの祭典“オリンピック”をテーマにして、競技を考えています。
夏休み中のニュースは子ども達に印象深かったようです。幼稚園では、オリンピックの年は世界に目を向ける いいチャンスで、夏期保育や二学期に入ってニュースを振り返り、万国旗を作ったり、 世界の食べ物や生活などに興味を持つことができました。

国旗

年長の組体操では、世界から地球を意識し、年中組では「忍者修業を世界に広げたい」という思いを競技に、年少組では、開催地ロンドンまで行き、水泳、陸上競技をする…など取り入れています。

運動会後は、「大切な地球を守るために」今、世界ではどんな事がおこっているのか、地球の環境問題を子ども達と考えて行こうと思います。


サポートお願いします

・早ね 早起き 朝ごはん
・早ね 早起き 朝うんち
さわやかに登園しよう!!

●運動会という大きな行事を通じて、子ども達は心身共にぐんと成長します。
   友だちと力を合わせて一つの事を成し遂げる喜びを知る年長組、仲間意識が芽ばえて、 友だちといるのが楽しい年中組、自分の事だけでなく友だちが気になりだした年少組、 運動会後の成長が楽しみです。

●練習では、のびのびと踊れても当日は大勢の人で緊張して踊れなかったり…などがありますが、 いつも結果だけを評価せずに、練習を頑張った事を誉めて、お子さんの気持ちになって応援をお願いします。
それから、かけっこで1番になる事だけに力を入れず、運動会を楽しめるよう プレッシャーを与えないようにしましょう。

●子ども達にとって拍手は何よりのごほうびです。
子ども達の一瞬の輝きは、ビデオやカメラのレンズを通しては見えません。 ご自分の目で見て、感動を言葉で伝え成長をわかち合いましょう。

よろしくお願いします。
運動会2