いずみ通信10 H26.9.12 トップへ(HOMEへ)

厳しい残暑が続いています。家中 湿気でかびが生え、やっと乾いた空気を送っています。
日中は、せみが最後の力を振り絞って、一生懸命鳴き、夜はこおろぎや鈴虫達の合唱が美しく
秋の入口を楽しんでいます。皆様 夏のお疲れがでていませんでしょうか?
朝夕は気温が下がり、風邪をひきやすくなっていますので、体調にお気をつけ下さいね。

ライン

(お月見)

お月見

中秋の名月(9/8)ご覧になりましたか?美しい神秘的な満月でしたね。
年少組がお月見にちなんで、「白玉だんご」を作りました。
是非ご家族でも、10月の満月の日には、すすきや花、おだんごや果物を飾って、
「お月見」を楽しんで下さい。
小さい時にしてもらった事は、大人になっても心に残っています。
日本の食文化を伝えましょう。(行事食についてはまた今度)

(命)

彼岸花

毎年、9月の誕生会のテーマは
今年は「いのちまつり」シリーズの本「おかげさま」を先生方の劇で伝えました。
“おかげさま”少し難しかったのですが、各クラスに戻って、わかりやすく伝えてもらいました。

“ご先祖様たちから いただいた この命。
  受けつがれてきた この身体、心。
  自分の命を大切に考えてもらうきっかけになればと思います。”

(とびひ) 汗 肌のトラブル 汗 増えています。

とびひは、虫さされや、すり傷に菌が入り、感染する皮フ病です。
水疱ができ、かきむしる事で体の他の部分や、他人にも接触すると移ります。
タオルの共用や、つめの点検に気をつけましょう。 
水疱が完全に乾くまでは、他のお子さんに移りやすいので、登園を控えていただきたいと思います。
ご協力ください。

※外での活動が増え、汗や土ぼこりがついています。
帰宅後はすぐに石けんを使ってシャワーで体を清潔にしましょう。

(敬老の日)

おじい様、おばあ様 いつも見守ってくれて、そして応援してくれて ありがとう。
会いに行ったり手紙や電話で感謝の気持ちを伝えましょう。

敬老

ライン


(さくら組 山下先生 H26.9.1クラスだより より)

集中豪雨による広島での土砂災害も連日悲しいお知らせを伝えています。
大自然の力には人間は無力であることを更に思いしらされた夏でした。
だからこそ日常の中にあるおだやかな毎日がどれ程有難い事なのか実感できました。

当り前のように四季が訪れ、その季節の収穫物を味わってきた私たちです。
太陽の光を暖かいと感じたり暑いと敬遠してみたり、雨を待ち望んでいたかと思えば、うっとうしく思えたり、
自然は自然の法則のまま表わしているだけなのですが、そんな恩恵をうけている事を人は忘れてしまうのですね。

今一度、自然の恵を受けている事に感謝し、同時に自然災害から命を守る手段を
様々な方向から考えておくことが大切だと考えさせられました。

子どもたちと一緒に これからの地球の事、命の事を話しながら大切にする心を育てていきたいと思います。


ライン