いずみ通信9-A H27.7.16 トップへ(HOMEへ)

夏休み おすすめ絵本

ライン

戦争や平和に関係のある本

へいわってすてきだね


6歳の少年の詩を長谷川義史(絵)が魂で描いた
”平和へのメッセージ”

「へいわってすてきだね」

あたりまえの毎日の中に見つけた「平和」
平和について子ども達が実感できる
答えがあるかもしれません。


ぼくのこえがきこえますか


「ぼくのこえがきこえますか」

田島征三・作


親子で読んで話し合ってみて下さい。

夏休みの宿題の参考にどうぞ。
是非ご家族で話しをして、考えたり
感じた事、子どもの言葉をメモして下さいね。
二学期に教えて下さい。


ピース・ブック

ピース・ブック The Peace Book

トッド・パール/作 堀尾 輝久/訳
「平和って新しい友だちを つくること・・・」
アメリカで、平和教育用に静かなブームになっている絵本
定価(本体1,500円+税)(4才から)(童心社)


ぼくがラーメンをたべてるとき

ぼくがラーメンをたべてるとき

長谷川義史/作・絵
ぼくがラーメンをたべているとき、ミケがあくびしているとき、
世界の子どもは何してる?
地球の裏で何が起こってる?
一緒に話し合える本。
定価(本体1,300円+税)(4才から)(教育画劇)


ヒロシマのいのちのみず

ヒロシマのいのちのみず

指田 和/作 野村たかあき/絵
ヒロシマの託児所で保母さんをしていた宇根さん。
1945年8月6日、被爆して水を求める人に、
「すぐ持ってきてあげる」と約束したのに・・・。
定価(本体1,300円+税)(4才から)(文研出版)


夏休みにお盆などで親戚の方などの話を
お子さんと一緒に聞いてみて下さい。
(戦争体験や戦後の生活など)


ライン