いずみ通信16-A H27.11.20 トップへ(HOMEへ)

平和について アンケートよりA

ライン

すまいる「平和」について話すきっかけ作り

●一番多かったのは、夏休み中にテレビで報道されていた戦後70年の特集を
 一緒に観てから、子どもにどう感じたかを聞いた。

●絵本を利用した。「ほたるの墓」をみた。


女の子 女の子

戦争について

●ひいおじいちゃんやひいおばあちゃん達の話を一緒に聞いた。

●自分が小学校で受けた平和授業を思い出して聞かせた。


●長崎の平和公園や広島の原爆資料館に連れて行った。他


ライン

すまいる子どもたちの声

●みんなが悲しくなるのが戦争なんやね。

●「平和って?」いい人がいっぱいいて、ご飯を食べられて、うんちが出て、
 うれしい事が一杯あって、ありがとうございます、ということ。

●大人になったら、絶対に戦争とかせんよ。みんなで仲良くするよ。

●なんで戦争とかするんやろうね。いいことないのにね。

●皆を大切にして、優しくして、一緒に遊んで、家族も一緒に遊ぶことが平和だよ。

うさぎ

●お友達とけんかをしないこと。けんかをしてしまったら仲なおりすること。

●平和でいたいね。平和っていいね!!

●悲しいことが絶対に起こらないように、皆が仲良くできるといいね。

●朝起きたとき、「おはよう」ってパパやママに言う時がへいわだよ。

●「ひろしまのピカ」の絵本を見て。沢山の人が亡くなっている絵を見ながらも
 「この人は生きてるよ!!」と生きている人を探す姿が印象的だった。

●大切な人が死ぬという悲しい思いをする人がいなくなってほしいね。他

ライン


ライン

すまいる話した事、親の思い

●周りの人を思いやること、物を大事にすること、小さなことでも今できることは・・・。

●大切な物を奪うことがある、それが戦争である。

●親自身が「戦争」「平和」「命」に関心を持ち、その背中を子どもが見て
 育ってくれたら幸いである。

●「ほたるの墓」を観て・・・いつも側に居てくれる家族の存在があたり前では
 ないと言う事。住む場所、食べ物、物が買えることなど ふだんの日常生活が
 あたり前ではないことを家族みんなで感謝しないといけないと伝えた。

月見


●大人になって大切な人ができた時に、平和な毎日がどれだけ幸せな事なのか
 分かってくれる人間になってほしい。

●戦争についてより、について伝えた。

●戦争についてより、幸せについて話した。戦争は大人のケンカと伝えた。

●平和であることは当たり前ではなく 守っていかないといけない事を考えさせられた。

●戦争はケンカ。仲良くする事が平和。家族の平和から勉強しようと思う。

●世界が平和になる為に自分たちができることは?・・・人の命を大切に考える、
 人に優しくする、困った人がいたら助ける・・・など 平和の輪が広がりますように。

●自分の命が大切なように 人の命も大切。常に感謝の気持ちを忘れずに。


敬老の日

●ご先祖様やおじいちゃん おばあちゃん達が命をかけて頑張ってくれたから
 今、楽しく生活ができている。だからみんな精一杯 生きていこう!!

●原爆投下の日や終戦記念日には、子ども達と手を合わせるようにしている。

●戦争を経験し激動の中を生きてきた祖父。銭湯を始め「平和湯」と名付けた。
 第二次世界大戦が始まり、その名前ゆえ軍から圧力もかかったが、
 祖父の信念で守り続けてきた。
 祖父が願っていた平和のバトンを子ども達に渡していかなければと思う。

ライン