いずみ通信02 H27.4.18 トップへ(HOMEへ)

ライン

先週木曜日から 熊本地方の大地震では大変な被害が出ています。

ご親戚の方や知り合いの方が、被害に遭われている方も多くいらっしゃると思います。

私の友人も熊本市に嫁いでいるので連絡をとったら、
停電、断水、家の中はガチャガチャで、今、給水の列に並んでいるとの事。
私に何ができるのかを考えているところです。

毎年、三月に東日本大震災のいずみ通信を配っています。
在園児さんは 今一度読み直して下さい。
新入園児さんにも お渡ししますので是非、読んで下さいね。

地震

災害に遭遇した時に 何をすべきなのかを考えて頂きたいと思います。
まずは、ブレーカーをおとし、ガスの元栓を止め、2次災害を防いだり、
枕元に懐中電灯や、頭を守る物、割れたガラスを踏まないように履物の用意、
備蓄の水や簡単な食料、書く物を入れて、玄関に行き先を貼っておくなど
工夫しましょう。

いつどこで何が起きるのかわかりません。
近所の方には自分から挨拶をし、子ども達の顔を覚えてもらい、
関係を築いておくのも必要な事です。
今回の事を自分の事として考えてみましょう。

今後、何かの時には幼稚園やお寺でも、できる事を精一杯し、
皆様と一緒に頑張っていきたいと、改めて思いました。
避難所にはなっていませんが、困った方々が集まってこれるようにしていきたいと、
園長と話しています。

ライン


女の子男の子

●お子さんは、自分の名前、親の名前、住所など言えますか?
    災害の時、親と逸れてしまうかもしれませんね。
    自分の事をきちんと伝えられるようにしておきましょう。

  ●幼稚園でも、震災について 伝えていきます。

ライン


ライン

【園長のスケッチブック】より

園長のスケッチブックいのバス

ライン

お寺の筍は今年は豊作です!!

たけのこ

先週は年長2クラスと年中のすみれ組が1本ずつ持ち帰りました。
今週は残りをバスの田中さんと園長に掘ってもらいますのでお楽しみに!!
来週になったら園児さんも掘って、炊いて頂きます。

嬉しいのは、持ち帰った筍を喜んでお子さんと一緒に料理をして、
食卓を囲んで下さる事です。

「お父さんのお弁当に入れたよ。たけのこご飯にしたetc」
「おいしかったぁ笑顔

ご家庭と幼稚園が繋がる瞬間です。
ご協力ありがとうございます。花

ライン