いずみ通信10 H27.7.19 トップへ(HOMEへ)

ごあいさつ

ライン

太陽

一学期が終り、楽しみにしていた 夏休みがやってきます。

里帰りしたり、旅行に行ったりと予定をたてている事と思います。
一学期は親子共々、毎日頑張ってこられたので、少しはゆっくりして下さいね。

夏休みだからといって 毎日どこかに連れて行くことはありませんよ。
家の中で、好きな遊び(絵本、ブロックetc)を充分させたり、
親も加わり遊びを広げたりと集中して遊びができると思います。


なつやすみ

下(なつやすみについて)にも書きますが、
一緒に料理や家事をして、「ありがとう!!」を沢山 伝えて下さい。
夏休みは出来る事が沢山 増えるといいですね。

遅くなりましたが、一学期間は 沢山 ご協力 頂きまして誠にありがとうございました。
皆様 体調に気をつけておすごし下さい。

かにライン


◎プール(年長・年中)

プール

紫川の河畔プールに園バスに乗って行きました。
(年少さんは天気の良い日に園庭で水遊びをします。)

今年は、柴田先生と実習生が、水泳が得意なので25mずつ、
バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールを泳いでもらいました。

泳ぎがとてもきれいで、気持ちよさそうに二人共 泳いでいました。
子ども達も「すご〜い!!かっこいい」と感激していました。


◎七夕おくり

雨で、なかなか送れませんでしたが、梅雨の晴れ間に、"七夕送り"をしました。

七夕

昔は川に流していたそうですが、今はできないので、
焼いて煙に願い事を乗せて天まで送りました。

皆の願い事が届きますように!!


◎ソーメン流し

クラス委員さんありがとうございました。ハート
流せてよかったです。その後の泥んこ遊びも楽しそうでした。


男の子おともだち 女の子おともだち
ライン

なつやすみについて

ライン

ECO

について家族でできる事を話し合って、実行しよう!!
地球
3R…
R(リデュース)   ごみを減らす
R(リユース)      繰り返し使う
R(リサイクル)   資源として再利用

・限りある資源を大切にする。電気や水の使い方を見直す

◎エコは地球を守る為に必要です。
※八幡の「環境ミュージアム」に行ってみよう。


おぼん

おぼん

夏休みは親戚の方に会う機会が多いと思います。
たくさんの方に見守られて、今自分の命と繋がっていることを
是非伝えましょう。

おぼんは仏教の行事ですが、宗教に関係なく、お墓参りに行き
ご先祖様に手を合わせ命について話してください。

幼い頃から、神様、仏様等の目に見えない大いなるものから
見守られていることの安心感を与え、命を大切に考え、
自分の生きる力になるよう、大人が導いてあげましょう。


本を読もう

毎日、どこかに連れて行く、イベントだらけの夏休みは
身も心も疲れてしまいます。
を上手に使い 親子のかかわりを有意義に深めましょう。

図書館等を上手に利用して絵本の世界に親しみ、
感性を豊かにしましょう。

多くの本を次から次へと読むより、お子さんの気に入った本を
何度も繰り返し読むことで新しい気付きがあります。

花この夏は、お気に入りの1冊を見つけましょう!!

◎二学期から保護者の方に読み聞かせをお願いすると思います。


手伝い

家族の一員として、大切な存在であることを意識させ
役割を果たし自信を持たせて下さい。
二学期の成長へつながりますよ。

手伝い

●出来る事を無理なく続けさせる持続が大事。

●出来ないと決めつけずに何でも一緒にする。

●台所は、生きる力親力家庭力の宝庫。
  台所の手伝いをたくさんさせよう。

●必ず、お礼を伝えましょう。

※何でも子どもだけにさせるのではなく、一緒にすることが大切です。
 根気よく伝えていきましょうね。


ライン