いずみ通信08 H29.7.6 トップへ(HOMEへ)

梅雨

ライン カエル

今年の梅雨の前半は、梅雨入りになった事すら気づかない程、
晴天が続き、毎年 いずみ通信で「つゆのすごし方」のプリントを
出していたのですが 油断して出しそびれていました。

今年は「もういっか!!」と思っていましたが、
昨夜の日田・朝倉辺りの豪雨もあり、少し遅れましたが、お伝えします。

今朝の新聞で川の氾濫や、山崩れの写真の切り抜きを幼稚園に持って行き、
各クラスでもう一度、大雨の災害について話し合ってもらいました。

ご家庭でももしかの時を想定して 話してみましょう。

ライン


(クラス懇談会)

おんなのこ

6月は日替わりで6クラスの懇談会があり、沢山の方に参加して頂き
誠にありがとうございました。花

クラス委員さんが司会、進行して下さり、
活発な意見交換もでき 充実した時間を作って頂きました。

当日、欠席の方にも会の内容をお伝えする為、
プリントも作成して下さっているので、クラスの仲間としてのご縁を大切に
子育ての悩みをわかちあいましょう。


ライン

雨

● 川に近づかない、出かけない。
● 停電時に備える etc

この時期は。について学びます。
の大切さ、そして 限りある資源についても勉強します。

しずくのぼうけん

大雨の後の山の水の行方、一粒の雨から始まる
「しずくのぼうけん」絵本 福音館書店 等、
この時期ならではの保育を楽しみたいと思います。

※ 今夜から明日にかけて
最大級の警戒警報が出ています。気をつけて下さい!!

ライン

  ライン

つゆのすごし方

お弁当の工夫
(梅雨〜夏にかけて食べ物の管理に気を使いますね)

● ご飯、おかずは出来たてを入れずに、充分さましてふたをする。
お弁当を食べる男の子
● 殺菌効果のある野菜を入れる(パセリ、しその葉)
● 梅干しを入れておくと 他の物がくさりにくい。
● かまぼこ、ハム等の加工品は必ず火を通して入れる。
※おかずは、基本前日の残りを入れる場合は必ずを通しますョ
● おひたし、切り干し大根など前日のおかずを冷凍し、
 そのまま入れると保冷剤がわりになる。
 (登園後、すぐにカバンからお弁当を出し、通気をよくしている。)
● どの程度 傷むのか、お弁当の中味を常温でおいて、
 昼食に食べてみると、目やすになるのでは。
 (保育室は、すごしやすいように、温度調整している)
● 水筒の中身も必要以上に氷を入れすぎないように。お腹をこわしますよ。

やさいとおしゃべり
  ライン

生活の工夫
(おすすめ絵本「やさいのおしゃべり」
いもとようこ 金の星社)

お母さんによんでほしい笑顔

● 冷蔵庫を過信しない。
 (開閉の回数が多いと、冷蔵庫の中でもカビは発生する)
● この時期は冷蔵庫内の掃除をし、中をすっきり少なめにする。
  冷蔵庫も詰め込みすぎないようにしよう。
冷蔵庫
● 水筒やお弁当のふたのゴムなど、消毒・漂白をして 綿棒などで
  細かい所の掃除をしよう。
 (水筒の中栓はきれいにしていますか?)
● 梅雨の晴れ間は、くつ箱、押し入れ、洗面台など 湿気のたまる所は、
  開けっ放しにして風を通しましょう。
● 買い物は、まとめ買いせずに、少しずつ。
 (結局、食材を使いきらず、冷蔵庫にも負担がかかる
 ・食材 ・お金 ・電気)


  ライン

健康について


● 湿気の多い時期は、虫さされ後のとびひ、手足口病、結膜炎などに
 かかりやすいので、衛生面に気をつけよう。
 (つめ、耳そうじ、手洗い、タオル共用はしない等)
● 皮フのトラブルが多いので、帰宅後はすぐにシャワーで汗を流し、
 清潔にする。
● 朝夕は、気温が下がるので、体温の維持に気をつける。
 (冷房、扇風器の使いすぎ)
● 夏風邪や、熱中病に気をつける。(水分、塩分の補給)


  ライン