いずみ通信14 H29.10.11 トップへ(HOMEへ)
運動会

先日は、沢山のご来園 誠にありがとうございました。

園児さん達は 皆様の応援のお陰で一生懸命に 伸び伸びと
運動会を楽しむ事ができました。

ご協力 ありがとうございました。

運動会の朝、園庭に入ると 金木犀の甘〜い香りが漂い、
さわやかな気持ちになり「さぁ!!本番だ」と気持ちが引き締まりました。

練習中も、「何か いいにおいがするね。」「応援してくれているみたい。」と
子ども達も、砂場裏の金木犀に元気をもらっていたようです。

運動会

運動会という一大行事を体験し、子ども達は大きく成長します。
走り方一つ見ても、少・中・長の学年で差は はっきりわかります。

自分の体をしっかり使えているのか、等々
この時期の成長は著しいものです。
毎年 閉会式のお土産渡しの時に、
私が 運動会を通して 感じた事をお伝えしています。

今年は「負けて悔やしい!!」という言葉が練習中に心に残ったので、
それについて話しました。
この悔しい気持ちは
次に繋がる人間を成長させる 大切な心だと思います。

勝敗をつける事は良しとしない考え方もあり、
ある幼稚園では、皆で仲良く手を繋いでゴールするという話を
聞いた事があります。

悔しい・・・だから 次は頑張る!!という
強い心を作るチャンスだと思います。
私達大人は もっと子ども達に悔しい体験をさせる
チャンスを与えるべきだと思います。

運動会

トランプやカルタ遊びでもその体験はできます。
負けても投げ出さず、次に向かっていける子に
導いていきたい
ものです。

運動会委員さん ありがとうございました。花

ライン

チョット 辛口トークですが・・・

運動会

悔しい」の続きですが、大人になると「頑張らなくてもいいよ」とか
「ほどほどに」「まっいいか」等々 諦めや癒しの言葉が増えてきます。
自分を肯定する為に。

しかし今は、子どもにもそういう言葉かけをする場面をよく見かけます。

子育ても、おむつはずしは親は頑張らなくていいよ、
離乳食も頑張って作らなくてもいいよ・・・等々。
最近、思う事は、子育ても 人まかせになっていないかな?という事です。

自分の責任において、一体 いつ頑張るのでしょう。
各メディアの、一見 親を労っているような子育て情報に擬問を感じます。

おにぎりパーティーについて 10/13(金)

ライン


今年も中村さんの田んぼで稲作体験をさせて頂き、
新米を沢山頂きました。
この日は、各クラスで新米を炊いておにぎりを自分で作って、
収穫に感謝して頂戴いたします。

(持って来る物)
● 空の弁当箱(おにぎりを入れる)
● はし、おしぼり、歯ブラシ、ナフキン
● みそ汁椀(名前を必ず記入)

メニューおにぎり
● おにぎり
● かつお梅
● 忍者汁
人参・・・(手裏剣型)、大根、こんにゃく、
白菜、ねぎ、さつまいも
みそ(麦・米)

※ ● アレルギー等のご心配な方は、ご連絡下さい。

※ 見学はお断わりします。

ライン