いずみ通信番外 H31.2.5 トップへ(HOMEへ)

寺子屋教室について

ライン

年長の保護者の皆様へ

寺子屋

いつも寺子屋教室に ご協力下さり 誠にありがとうございます。

宿題は あと、ひらがなのおまけのNO.7と
カタカナを残すのみとなりました。

皆、とても頑張ってきてくれるので
私の添削や宿題の準備が間に合わず、
子ども達に頭を下げるばかりです。

この寺子屋教室の宿題のやりとりは
ひらがなの練習だけではない事を今一度お伝えしたいと思います。


1月の保育参観の時に子ども達と 約束している事をお伝えしました。

@・ クリップを無くさないように気をつける・・・小さな物を意識する。
 (自分のものを大切に扱い 管理できるように。)

A・月曜日に出た宿題は、毎日、1枚か2枚書いて 金曜日に持ってくる。

B・仕上げの三つの約束(先週のミニプリント)


寺子屋

寺子屋教室の思いは、約束を思い出したり
宿題を忘れないように気をつける事は、
小学校へ向けて忘れ物をしないように気をつける事に
繋がれば
と思っています。


A番について・・・

金曜日に 忘れてきたら、職員室に来て 報告してくれます。

職員室に入るだけでも緊張しているので、
私はきちんと報告できるように、目線を合わせ、笑顔ラインで迎えています。
ご心配なく。

       

子「今日、宿題を忘れました。だから 月曜日に持って来ます。

私「はい、わかりました。丸つけを楽しみにしているから、
  月曜日に持って来て下さいね。

・・・こんな感じです。
忘れた事を攻めたりはしませんよ。

一番いけないのは、忘れた事を知らん顔している場合ですね。


※ 忘れ物をしない為には どうしたらいいかな?

寺子屋

・カレンダーに書いておく

・玄関にメモを貼っておく

・前の日から玄関に置いておく など一生懸命考えていました。


それから大切な事は、忘れた事をだれかのせいにしない
素直に気持ちを言葉にして伝える
誤魔化さないうそをつかない 等だと思います。

子どもが困らないように 先廻りして、
いつの間にか黄色いバッグ(宿題)を 持たせていませんか?

自分で思い出すチャンスを奪っている事になります。

「忘れ物はなぁい?」くらいの声かけは まだ必要ですが・・・。


B番について・・・

寺子屋

書き直しが終わったら「印かんと丸つけお願いします。」
とお願い!!をするようにしています。

頼まれたらお願いします。

忘れているようなら「何かお願い事はなぁい?」と思い出させて下さい。

それから、子どもがしている事に興味を持ってもらう為にも、
そして寺子屋で親子の会話が増えればと思って
印かんと丸つけをお願いしています。

引き続き、ご協力 お願い致します。

小学校になったら 宿題の見直しをしてあげて下さいね。


ライン

毎日、寺子屋を通して1人ひとりを想像しながら 丸つけを楽しんでいます。

卒園を前に、そのお子さんの新しい一面を見つけて嬉しく思ったり
寺子屋の珍回答に感心したり、笑ったりと一人で楽しむのは
もったいないので 次回 書きますね。

あと少しですが、よろしくお願い致します。


ライン