いずみ通信07 R01.7.19 トップへ(HOMEへ)

ライン

災害対策

早くも一学期が終わり、楽しみな夏休みがやってきます。それぞれの予定があるとは思いますが、怪我や病気に気をつけて一学期の疲れをゆっくりとって下さい。幼稚園に沢山のご協力とご理解をありがとうございました。

昨日の大雨でこの地域も避難勧告レベル4になり一斉メールを流しましたがご覧になられましたでしょうか。いつ何が起こり、敏速な対応が必要になるのかわかりませんのでいつもメールに気をつけて必ずクリックを押して下さい。

そしてご家庭でも自然災害や火事、交通事故などのニュースをお子さんと一緒に観たり、新聞記事を集め、どうしたら良いのか、また何か起こった時の家族の約束を一緒に考える等、家族と話し合い、考える作業を大切にして下さい。
自分の名前、親の名前、住所が言えますか?

自分の身は自分で守る…為には何をしたらいいのか大人も考えてお子さんに伝えていきましょう。

ライン

(私の反省)

今学期、伝えたい事が沢山あったのに、いずみ通信が思うように書けなかった事。
時間の使い方を今一度見直して、頑張りたいです。

そして二学期はもっともっと子ども達と遊んで関わって様子を伝えたいと思います。

夏のカレンダー

(夏のカレンダー)

個人懇談でお渡ししたノートは、思い出作りになるように、親子でつけて下さい。

一番下の欄は日記のように一日を振り返って子どもに何をしたのか思い出させながら書いて下さい。
子どもまかせにして何も書いていない方もチラホラいますが1日5分は、しっかりと関わり素敵な一冊に仕上げましょう。

ライン
なつやすみ

なつやすみについて

ECOについて家族でできる事を話し合って、実行しよう!!

3R
  • 3R…R(リデュース)ごみを減らす
       R(リユース)繰り返し使う
       R(リサイクル)資源として再利用
  • 限りある資源を大切にする
    電気や水の使い方を見直す

◎エコは地球を守る為に必要です。
※八幡の「環境ミュージアム」に行ってみよう。

ライン

おぼん

おぼん

夏休みは、親戚の方に会う機会が多いと思います。たくさんの方に見守られて、今自分の命と繋がっていることを是非伝えましょう

おぼんは仏教の行事ですが、宗教に関係なくお墓参りに行き、ご先祖様に手を合わせ、命について話して下さい。

幼い頃から、神様、仏様等の目に見えない大いなるのものから見守られていることの安心感を伝え、命を大切に考え、自分の生きる力になるよう、大人が導いてあげましょう。

ライン

本

毎日、どこかに連れて行く、イベントだらけの夏休みは身も心も疲れてしまいます。
を上手に使い親子のかかわりを有意義に深めましょう。

図書館等を上手に利用して、絵本の世界に親しみ、感性を豊かにしましょう。

多くの本を次から次へと読むより、お子さんの気に入った本を何度も繰り返し、読むことで新しい気付きがあります。

この夏は、お気に入りの一冊を見つけましょう!!

◎二学期から、保護者の方に読み聞かせをお願いすると思います。

ライン

手伝い

手伝い

家族の一員として、大切な存在であることを意識させ役割を果たし自信を持たせて下さい。

二学期の成長へつながりますよ。

  • 出来る事を無理なく続けさせる持続が大事。
  • 出来ないと決めつけずに何でも一緒にする。
  • 台所は、生きる力、親力、家庭力の宝庫。
    台所の手伝いをたくさんさせよう。
  • 必ず、お礼を伝えましょう。

※何でも子どもだけにさせるのではなく一緒にすることが大切です。
根気よく伝えていきましょうね