いずみ通信11 R01.9.30 トップへ(HOMEへ)

ライン

虫取り

秋のお彼岸が過ぎ朝夕は少し肌寒くなってきました。夕方は鈴虫やこおろぎ等秋の虫たちが美しく鳴いています。と言いたいところですが山なので数が多く、耳をつんざく程の鳴き声です。

昼間は子ども達に虫探しに連れて行ってとせがまれます。
お寺の本堂前の境内で、おんぶバッタ、とのさまバッタ、かまきり etc、回を重ねる度に虫たちを傷つけず上手に捕まえられるようになりました。

・虫を通しての大切さを勉強するいい機会です。えさも水分も与えずにいるとすぐに死んでしまします。

虫には悪いのですが、子ども達には死なせてしまった事を深く反省し罪悪感を感じて欲しいのです。

そして、どうしたらよかったのか、また死なせてしまったらどうするのかをしっかりご家庭で話して下さい。

親が軽くあしらっているととてももったいない場面です。

やっと捕まえた虫をお家に持って帰ってお父さんやお母さんに見せたい…という気持ちも大切に考えて「1日だけこの虫の命を○○くんに預けるからね。」というと「わかった!!大切に預かる。」と言ってくれます。

次の日は生きていたら、嬉しそうに草むらに返しに行っています。
例えば虫に名前をつける事で愛情が湧くようです。

9月の誕生会のテーマは命でした。

敬老の日にちなみ命の繋がりを劇にしわかりやすく伝えました。
虫にも次に繋ぐ為の命がある事を考えて欲しいと思います。

ライン 運動会

・先週から少しずつ運動会の練習が始まりました。

園児さんの体調に気をつけて無理のないように心がけていきます。
朝の登園前のお子さんの体調に気をつけて、無理をせずに大事をとって下さい。

栄養、睡眠を充分にとり、帰宅後はゆっくりすごしましょう。

ライン

稲刈り9/20

稲

台風が来る前にという事で急遽稲刈りを年長さんが頑張りました。

鎌を上手に使いあっという間に刈り、その後は田んぼでわら遊びやカエルを捕まえて秋の一日を楽しみました。

10月にこの新米を使って各クラスでお米を炊き、おにぎりパーティーをする予定です。

忍者汁も登場します。具材の手紙は後日出します。

ライン

遠足

遠足

どの学年も天気に恵まれました。

  • 年少、れんげ…(小倉競馬場)
  • 年中…(いとうづの森)
  • 年長…(いのちのたび)

化石

今年、年少とれんげは農事センターが改装中の為動物が少なかったので競馬場へ行き、草ころげをしたり、馬との触れ合いを楽しみました。

いのちのたび博物館では山門の仁王様のレプリカを見て、わしみね幼稚園の写真もあったよと報告をしてくれました。

ライン