いずみ通信番外 R01.5月 トップへ(HOMEへ)

ライン

一年生へ

お元気でしょうか?

親子

 入学して1ヶ月半経ちましたが、かなり時が経ったように
感じています。今頃は運動会の練習が始まり、
ヘトヘトになって帰って来ているのではないでしょうか。

 幼児期から児童期の成長は凄まじく
急な環境の変化に慣れようと、身体も心も一生懸命に頑張って
いる
事でしょう。

 ですから放課後は習い事を増やさずに一息つける家庭であって欲しいものです。
少しずつ子どもは親の手元から離れていきます。
子どもを管理したり監視することのないように気をつけましょう。

親子

 親の待つ修業はできていますか?

自分でしてみて失敗したり困る経験を沢山積むほど自分の宝になります。
親の目の届く時期に小さな失敗をさせましょう。

 親が手をかけたり、口を出しすぎたり、干渉が過ぎると
成長の芽を奪ってしまいます。
どうぞ今まですなおにすくすくと心優しい子に育ててきた子ども達を信じて
広い包容力で見守って下さい。自分達で解決する力を信じましょう。

 私達大人も子どもと一緒にまだまだ成長していきましょう。
親の役目は一方的に教えるのではなく、物事を一緒に考え、
お互いに認め合う経験をする
時に来ています。

 つい熱が入ってこんな通信になってしまいましたが

同窓会でお会いできる日を楽しみにしています。笑顔

ライン