いずみ通信04 トップへ(HOMEへ)
梅ライン 梅干し

(梅雨)

北部九州もいよいよ梅雨に入りました。
幼稚園では、先週収穫した梅で子ども達が梅ジュースを作りました。
今週は青梅を完熟にし香りの高い梅干しを作りました。
魔法の水(ホワイトリカー)と海からの贈り物(あら塩)で
「おいしい梅干しになあれ」と心を込めて漬け込みました。
出来上がりが楽しみです。
※昨年の梅ジュースや梅干しを幼稚園で気温の高い時に出す事もあります。
アレルギー等のご心配な方は必ずお知らせ下さい。

梅ライン 体温計

(コロナ対策について)保護者の皆様にはいつもご協力を頂きありがとうございます。
ご家族の体調管理等で心配りが大変だと思いますが、
再度お願いがありますのでお知らせ致します。

体温チェック・・・必ず登園前に測って下さい。
微熱、鼻水、咳のひどい場合は大事をとって欠席して下さい。

マスクについて・・・これからは気温も高くなり熱中症に気をつけないといけませんが、
エチケットとして出来る限り持たせて下さい。
布マスク 園庭で遊ぶ時はマスクをはずす事もあります。
その時々で対処していきます。

マスクケースについて・・・気になる方はマスクケースを持たせても構いません。
記名と毎日の消毒をお願いします。

帰宅後・・・できれば、シャワーを浴びて体を清潔に保ちましょう。

日常の生活は、神経質になりすぎてもよくないと思いますが、
ご家族でうがい・手洗いを習慣にし、自分の体に興味や関心を持たせましょう。


傘ライン

(つゆのすごし方)

お弁当の工夫 (梅雨〜夏にかけて、食べ物の管理に気を使いますね)

お弁当

・ご飯、おかずは出来たてをいれず充分さましてふたをする。
・殺菌効果のある野菜を入れる。(パセリ、しその葉)
梅干しを入れておくと他の物がくさりにくい。
・かまぼこ、ハム等の加工食品は必ず火を通して入れる。
・おひたし、切り干し大根など前日のおかずを冷凍し、そのまま入れると保冷剤がわりになる。 (登園後、すぐにカバンからお弁当を出し、通気をよくしている。)
水筒 ・おかずは前日の残りを入れる場合は必ず火を通しましょう。
・どの程度傷むのか、お弁当の中身を常温でおいて、昼食に食べてみると、目安になるのでは。
(保育室はすごしやすいように、温度調節をしている)
・水筒の中身も、必要以上に氷を入れすぎないように。お腹を壊しますよ。


梅雨

生活の工夫 (おすすめ絵本 お母さんに読んでほしい(^^)

「やさいのおしゃべり」いもとようこ・金の星社)

・冷蔵庫を過信しない。(開閉の回数が多いと、冷蔵庫の中でもカビは発生する)
冷蔵庫 ・この時期は、冷蔵庫内の掃除をし、中もすっきり少なめにする。
冷凍庫も詰め込みすぎないようにしよう。
・水筒やお弁当のふたのゴムなど、消毒、漂白をして綿棒などで細かい所の掃除をしよう。(水筒の中栓は、きれいにしていますか?)
梅雨の晴れ間は、くつ箱、押し入れ、洗面台など湿っ気のたまる所は、
開けっ放しにして風を通しましょう。
・買い物は、まとめ買いせずに少しずつ。
(結局、食材を使い切らず無駄に食材、お金、電気、冷蔵庫にも負担がかかる)


草ライン

健康について

・湿気の多い時期は、虫さされ後のとびひ、手足口病、結膜炎などにかかりやすいので、
衛生面に気をつけよう。(つめ、耳そうじ、手洗い、タオルの共用はしない等)
・皮フのトラブルが多いので、帰宅後はすぐにシャワーで汗を流し、清潔にする。
・朝夕は気温が下がるので、体温の維持に気をつける。(冷房・扇風器の使いすぎ)
夏風邪熱中症に気をつける。(水分、塩分の補給)

梅ライン