お問い合わせ
わしみね幼稚園

No.3 (06/03)(わしみね農園・つゆのすごし方)

ライン 雨合羽

幼稚園では今週から紫陽花が色付き始め、梅雨 に入った事を実感しています。
例年より、かなり早い梅雨に入り、さわやかな五月が短かかったような気がします。

入園から約二ヶ月になり、新しい環境に慣れようと、それぞれに楽しみを見つけて 頑張っているようです。

年少やれんげ組は、だんご虫探しやありの行列を見つけたり
年中は、かたつむりやおたまじゃくしのお世話をし
年長は赤腹を捕えたり、ザリガニを探しています。
そして各々のクラスのプランターの野菜たちの成長を観察して毎日、
自然の移り変わりを感じてすごしています。

自然界では 同じ日は一日たりともありません。
子どもの成長も同じで、確実に日々成長しています。
行き渋っていた子も 「朝、泣かんかったよ」「また明日も来るね」 と声をかけてくれます。

その後ろにはご家族の暖かい サポートがあるから こそと思っています。
毎朝送り出して下さり感謝しております。
コロナ禍で園行事も減り、お子さんの様子も見れずにご心配かと思います。
何か気になる事があれば、遠慮なくご連絡下さい。
一緒に考えていきたいと思います。

梅ちぎり

6月の1週に予定しております。
○6/1(年長)6/2(年中)6/3(年少、れんげ)
※雨天時は第2週に。
※見学はできません。

○6/4(※うり坊クラブは中止になりました。
今年は持ち帰りがありそうなので梅ジュースを作って下さい。
ビン、氷砂糖、ホワイトリカー(消毒)の準備を。

わしみね農園.果樹園

収穫

玉ねぎグリーンピーススナックえんどうは如何でしたか?
○幼稚園では、そら豆グリーンピースをむいて、塩ゆでや豆ごはんにして食べました。
○毎年カラスに先を越されてしまう、びわ、今年こそ食べたいですね。
○暑い日に去年作った梅ジュースを飲みます。
○去年作った梅干しを年長さんのみ、持ち帰りました。
さつま芋の苗を植えましたよぉ~おおきくなぁれ!!
※アレルギーの心配な方はご連絡下さい。

(つゆのすごし方)

お弁当の工夫 (梅雨〜夏にかけて、食べ物の管理に気を使いますね)

・ご飯、おかずは出来たてをいれず充分さましてふたをする。
・殺菌効果のある野菜を入れる。(パセリ、しその葉)
梅干しを入れておくと他の物がくさりにくい。
・かまぼこ、ハム等の加工食品は必ず火を通して入れる。
・おひたし、切り干し大根など前日のおかずを冷凍し、そのまま入れると保冷剤がわりになる。 (登園後、すぐにカバンからお弁当を出し、通気をよくしている。)
水筒 ・おかずは前日の残りを入れる場合は必ず火を通しましょう。
・どの程度傷むのか、お弁当の中身を常温でおいて、昼食に食べてみると、目安になるのでは。
(保育室はすごしやすいように、温度調節をしている)
・水筒の中身も、必要以上に氷を入れすぎないように。お腹を壊しますよ。

梅雨

生活の工夫(おすすめ絵本 お母さんに読んでほしい(^^))

「やさいのおしゃべり」いもとようこ・金の星社)

・冷蔵庫を過信しない。(開閉の回数が多いと、冷蔵庫の中でもカビは発生する)
冷蔵庫 ・この時期は、冷蔵庫内の掃除をし、中もすっきり少なめにする。
・冷凍庫も詰め込みすぎないようにしよう。
・水筒やお弁当のふたのゴムなど、消毒、漂白をして綿棒などで細かい所の掃除をしよう。(水筒の中栓は、きれいにしていますか?)
梅雨の晴れ間は、くつ箱、押し入れ、洗面台など湿っ気のたまる所は、
開けっ放しにして風を通しましょう。
・買い物は、まとめ買いせずに少しずつ。
・コロナ禍では、まとめ買いも仕方ないですね。
(結局、食材を使い切らず無駄に食材、お金、電気、冷蔵庫にも負担がかかる)

草ライン

健康について

・湿気の多い時期は、虫さされ後のとびひ、手足口病、結膜炎などにかかりやすいので、衛生面に気をつけよう。(つめ、耳そうじ、手洗い、タオルの共用はしない等)
・皮フのトラブルが多いので、帰宅後はすぐにシャワーで汗を流し、清潔にする。
・朝夕は気温が下がるので、体温の維持に気をつける。(冷房・扇風器の使いすぎ)
夏風邪熱中症に気をつける。(水分、塩分の補給)

ライン

ページトップ